關川 寛子さん

 チョークアーティスト 關川 寛子さん

第7期協会認定講師

greendaisy ChalkArt

(グリーンデイジーチョークアート)主宰

(兵庫)


 ---チョークアートを始めたきっかけは何ですか?

(關川)オーストラリアに留学をしていた時、ゴールドコーストやブリスベンでチョークアートの看板を見かけ、カラフルで立体的な絵にとても惹かれました。

当時は日本ではまだチョークアートをしている人もほとんどいかなったと思います。

帰国して数年後、やはりチョークアートをやってみたい!と思い、大阪のスクールを探してチョークアートを始めることになりました。それがSun Childさんと協会との出会いです。

 

---初めてチョークアートをした時はどんな感じでしたか?

(關川)思った以上に難しい・・・という感じです。

指でグラデーションを付けていく力加減が全然分かりませんでした。でも、出来上がりを想像しながら描いていくのはとても楽しかったですね。

 

---チョークアーティスト活動で、思い出に残っていることはありますか?

 

(關川)私が看板を描いたお店が雑誌に載っていたり、テレビに映ったりした時に、片隅にでも看板が映っているとうれしいです。講師活動では、「先生の絵が好きでこの教室を選びました!」と言って頂いた時はとても嬉しかったですね。

 

---今後のチョークアーティスト活動などについて、教えてください。

(關川)私の教室は神戸にあるので、神戸の街にチョークアートをどんどん広めていきたいと思います。

まずは教室がある元町の通りを「チョークアート通り」にしようと頑張っています。

後は、他ジャンルのアーティストの方とコラボレーションして作品を制作してみたいと思っています。

 

---兵庫県でチョークアートをしてみたい方は關川先生まで!關川先生、ありがとうございました。